[CD] Super EUROBEAT vol.160

子力パラパラのDVD見ました。
前半は良かったのですが、後半は微妙でした。後半もがんばってもらいたいものです(笑

しかし、Night of Fire / NIKO は名作ですね。
調べてみるとvol.82の時に収録されている・・・。ということは、単純に80ヶ月=6年半は昔の曲ですよ。高校生の時の曲ですよ。
avexがTKブームとEUROBEATブームでのし上がったのもそのころですな。いや、もうちょい前か・・・。


そんな中での現在のブームは「ネギダク」・・・・いや「オリエンタルラジオ」です。
「美勇伝」では無く、「武勇伝」です。これ最強。


まほろば亭に行こうかな~。

[Linux]-[qpopper] バージョン表示を消す

1.xinetdコンフィグ編集

・編集前コンフィグ
# cat /etc/xinetd.d/popper
service pop-3
{
disable = no
socket_type =stream
wait = no
user = root
server = /usr/local/sbin/popper
server_args = -s
}


・編集後コンフィグ
# cat /etc/xinetd.d/popper
service pop-3
{
disable = no
socket_type =stream
wait = no
user = root
server = /usr/local/sbin/popper
server_args = -s -f /etc/mail/qpopper.conf
}


2.qpopperコンフィグ作成
# cat /etc/mail/qpopper.conf
set shy = true

3.xinetd再起動
# /etc/init.d/xinetd restart
xinetdを停止中: [ OK ]
xinetdを起動中: [ OK ]

4.確認
# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK ready <1099.1125902137@uzuki.ac>
quit
+OK Pop server at uzuki.ac signing off.
Connection closed by foreign host.

[Linux]-[qpopper] インストール

APOP対応でインストール。

1.展開
# tar zxvf qpopper4.0.8.tar.gz

2.アカウント確認
APOP利用時にはpopperが利用するアカウントを作成。
今回はバージョンアップの為、問題なし。

3.configure
# ./configure --enable-apop=/etc/pop.auth --with-popuid=pop
APOP対応オプションと2でのアカウントを記述

4.コンパイル
# make
# make install

5.スーパーサーバ(xinetd)に追加する
今回はバージョンアップの為、未実施

6.確認
# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Qpopper (version 4.0.8) at uzuki.ac starting. <892.1125901405@uzuki.ac>
quit
+OK Pop server at uzuki.ac signing off.
Connection closed by foreign host.
#

  • entry602ツイート
  • Google+