[池袋] プリンセスプリン 1日目

ララメイドの後に来たのがここ。 お店に入ると違和感が・・・。 みんな背の低い女の子です。私の肩ぐらいです。そして顔立ちも幼く見えます・・・。 たとえるなら、(中身のキャラは違いますが)見た目はへにゃこみたいな感じですかね。

 

イベントだったようでみんなナースの格好です。個人的に好きな歯医者っぽいピンクナースです。 某Sさんは無論ここも常連のようで、お握りとトン汁を注文してました。 「ゲームをやりやがれ」ぐらいの押しに負けたようでオセロをはじめました。

 

昼にカップラーメンしか食っていなく、腹が減ったのでお握りとトン汁のセットを注文。 ここは素手で握ってくれるのが仕様のようで、手に水をつけすぎているような感じはありましたが、かわいいおにぎりを3つ握ってもらいました。 大きさは一口で食えるぐらいのサイズです。そんなかわいいおにぎりは、コンビニの一口おにぎりくらいしか見たことありません(笑

 

(過ぎてますが)救急の日と言うことで、「みんなで考えよう」といって災害対策(火事やら津波やら)の問題を出すイベントをやってました。

 

※ 救急の日(Wikipediaより引用) 9月9日の「99」が「きゅうきゅう」と読めることから救急医療の大切さを理解してもらおうと、1982年に厚生省(現厚生労働省)と消防庁が制定。 救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。

 

趣旨と内容が若干違う気もしますが、完全には覚えていなかったので突っ込ませんでした。 しかし、言わせて下さい。 津波から逃げ切れなかった時、固定されたものにつかまり、かつ、伏せると言ってましたが、無理でしょ。 水の力は人間のハナクソのような力で逃げ切れません。

 

そもそも、1回で終わりではないのだからあきらめは肝心。むしろ中途半端にがんばって流されるものにぶつかられたり潰されるより、(かなり流されるが)流れにまかした方が安全なような・・・。 面白いことやら、次はまほろば亭に行ったりとかありましたが、ララメイドのインパクトが強すぎで忘れました(笑

 

[池袋] ララメイド 1日目

# タイトル通りの表記かは忘れました。

とりあえずPSXにいた某Sさんと待ち合わせた池袋に到着。 とりあえず西口で待っていると電話があり、北口の方がよいらしいのでそちらに移動。 「あそこあそこ」ぐらいの感じで北口から見える無料案内所に移動。徒歩1分かからないくらいの場所でした。

 

もうこれが、どこからどう見ても無料案内所なわけですよ。Sさんは写真撮り始めるし。他から見たら無料案内所の写真を撮っている人ですよ(笑 ) 「オタども入れるモノなら入ってみろ」ぐらいの店構えで、ラムタラのメイド喫茶(もう無くなりましたが・・・)のエレベータ、通称「何処のフロアで降りたかで性癖がわかるエロベータ(メイド喫茶の客とは乗りにくい)」を超えるモノを感じました。

 

男客も多少入りづらい所ですが、女性客は絶対来ない所でしょう。入ろうモノなら風俗嬢と思われること必至です(笑) (まぁ、通常風俗嬢は出入りしませんが・・・) といった中で入店。 無料案内所を抜け、秋葉のジャンク屋を思わせる急な階段を下り地下へ・・・。 そこは、、、、、、微妙に風俗の待合室を思わせる小奇麗なお店。

 

メイド服はかわいいのですが悪く言えば、ドンキのメイド服なのです。その薄めなのが重要なポイントです。試験に出ますから覚えてくださいぐらいな感じですよ。 床の一部が網になっており、そこにはファンが埋め込まれ風が出ていて、女の子が通るたびに「いや~ん、まいっちんぐ」な感じの仕組みになっています。

 

パンチラと言うよりモロパンですが、これで最初の30分500円は安いです。もう視線は下半身しか行きません。 なんていうか、ここはランパブですかと問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。 違うのは酒が無い事とブラが見れない事ぐらいです。 無論こんな怪しい店でも常連は居るものです(笑

 

「まるでゲーセンのようにお金を置いて居座る客」やら「真顔で腕組みして前をめくれ、後ろをまくれと指示する客」やらどういうお店ですかここは(笑)と聞いてるうちに時間なので、無論延長しました。

 

いいのです。私はエロですから(笑) 延長は30分1000円ですが、ハナクソみたいなものです。 「延長で~す」とその1000円を胸だか服だかに挟もうと試行錯誤している所に、Sさんは「そういうのは折りたたんで挟むんだよ」とか某所ショータイム的な発言を(笑) Sさんは裸足の女の子に「そこの網の上歩いたら焼けちゃうよ」とかいったら大変!! 店内は焼肉ムードになりました。俺も焼肉食いたいです。

 

「女の子3人まとめてゴチするから焼肉行こうぜ」といえば100%誘えそうな雰囲気。さすが池袋クオリティー最強(笑) その他のトークは、痴漢最高、、、いや、痴漢の多い埼京線の逸話。 集団で囲って痴漢(レイプに近いような)やら、離れたところ(まさかそんな所から)から胸を鷲づかみやら・・・。

 

全体的に、秋葉ではまず無さそうなトークばかりでした。Sさんと私が行くと何処でも話しますがどんな組み合わせでも不自然な状態になりますが、女の子が行けばきっとお店の子も喜んでくれますので、その時はスカートで行ってください。客も喜びます(笑)といった感じでした。 レポートを書く為にググってみたのですが、「メイドカフェでGO!」の掲示板の数個の書き込みしか引っかかりませんでした。

 

メイド服を求めて・・・

「メイド服の娘を襲うのが仕事」と公言したのを実行するべく「横濱馬車道 天然メイド館」というのをネットで見つけましたが、

・初めてのデリヘルだから。
・色々と微妙だから。
・60分15000円 + ホテル代など入れると高い
・「伊勢佐木長者町」という駅待ち合わせだが、いきなりメイド服だったらどうしよう(笑)

などの理由により却下しました。


仕方ないので、歌舞伎町へ・・・。

5月頃行った無料案内所にメイド服のお店があったのでそこを探しながらウロウロと歌舞伎町を徘徊。
ようやく見つけて入ったのですが、前に貼られていた所に無い・・・。中にいた人に「今日はどんな所をお求めで?」と聞かれたので「若い娘がいる所を・・・」と適当なことを言ったのですが、「ここは人妻とかマニアックな所なので、若い娘は奥の方にありますよ」と言われましたが、半分無視で全部を一通り見ましたが無いではないですか・・・。

きっと、「メイドブームだからそのネタで作ってしまえ」程度で作ってみたモノの、女の子から「毎回オタトークばっかりで辛い」と苦情がきたに違いない。。。と推測し明るいこんな時間に歌舞伎町パトロールする気も無く、他に移動案を考えるのでした。

「池袋だな。彼ならもう既に居るだろう」と思い、何処でも常連扱いSさんに電話してみました。
繋がったので「もしもし」と話してみると、「もしもし」と高い声が・・・。「誰やねん」とか言っていると「ユ!○!カ!」とか言ってくるじゃないですか、もう驚きじゃないですか、BSD?とか思いつつも「ジョー!」とは言っておきましたよ。

「PSXにこい」とか言われましたが、「行かん」と断ってる間にSさんに変わるのでした。
「池袋の超お勧めパンチラメイド店がある」とか言われたので「良いですな」と反応、「無料案内所の中にある」とか言われたので「何トチクルッタ事を言っているのですか」とか思いつつ池袋で待ち合わせをするのでした。

続く(笑

  • entry592ツイート
  • Google+