[時事] 小2女児プール死亡事故

7/31の午後1時半頃、流れるプールのふたが外れているのに利用者が気づき、監視員へ連絡。用途不明だった為、監視員から責任者へ連絡。責任者が来て初めてポンプの吸水口のふたであることに気づき、周りの利用者へ危険であることを呼びかけた。

責任者はポンプを止める事無く、応急処置をする為に工具を取りにいった。その時、女児は吸水口近くで潜っており、友達に近づいたところそのまま吸水口への流れに巻き込まれた。

直径30cmのパイプに吸い込まれ、約4時間後5m先のパイプの中で発見され死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は溺死ではなく脳幹損傷で、ものすごい力でぶつかり即死したのではないかとの事。

 

ボルトが外れていた事、針金で止めていた事、ふたが外れていると発見した時点でポンプを止めていない事、市の職員もいい加減な点検しかしていない事、契約に反した再委託など次々を問題があがっている。

危険な部分だからこそふたをしている。なので、ボルトが付いていない程度でふたが外れてしまう事こそ問題だと考える。

例えば、厳しい点検をしていたとしても、ただボルトで止めているのであれば絶対に外れないとの保証は無い。その時、急いでポンプを止めたとしても同様のことが起こる可能性がある。そもそも、屋外プールなんて年に1回行う掃除や本格的なメンテナンスの時くらいしか外さないと思われ、簡単に外せる必要性を感じない。

 

マニュアルを作り訓練や指導を行うことも大事ではあるが、ヒューマンミスは絶対にはなくならない。なので、ボルトが無くても簡単には外れないふたの設置。そして、ふたの2重構造化など人間がミスをする前提での安全対策が必要と考える。

危機管理が足りないとか色々問題になり、誰がケツを拭くかもめるが、結局個人(加害者)に都合の良いような結果しか出ない。そして、(流れるプールではないにしろ)結局何も出来ていないから同様に吸水口(排水口)に巻き込まれる事故が毎年のように発生している。

今度こそ被害者の命が無駄にならない為に、そして子供を守ることに税金を使ってもらいたい。

 

副業

木曜日の夜に電話があり、土曜日に副業に行ってきました。前の会社の人繋がりなんですが、相変わらず急なスケジュールですな(笑

久しぶりに建築現場のような所に行ってきました。前の仕事の方が楽ですよ。今の仕事は心が荒んでいく・・・(笑

 

建築現場なので、粉塵やロックウール(アスベスト代替品)も吸い込むし、エアコンなど無論動いて無く汗だくの1日でしたが、爽快な疲れでした。 

前からなのですが、天井裏の配線に関わると必ずと言っていいほど腕に擦り傷が出来るんですよね。軽天(軽量天井)の骨に腕を擦っているようなんですが(笑

 

ここからは関係ない話しなんですが、いくらもらえるんでしょうか?(笑

末締め、翌々末払いでさらに別会社経由で金をもらうんですが、だいぶ先だし、マネーロンダリングのようですな(ぉ

 

[対spam] 主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。

流行のspamメールが来ました。

ローカルにメールサーバを立てて、アホみたいに送っているみたいですね。

シンガポールに一人で旅行に行くなんて言い訳で普通に送り出すなんてすでにいろいろ怪しいわけですが、オオアリクイに殺されたなんてニュースになるだろうし、x51.orgに掲載されているはずですよ(笑

あと、お金になる副業をしたら税処理で分かりそうな気が・・・。

 

------ 以下、クソspam ------------------------------------------ 

Return-Path: <erml_1_16@yahoo.co.jp>
Received: M(m-ff) id SAA29676; Fri, 28 Jul 2006 18:17:09 +0900 (JST)
Received: MDI(mdi03) id k6S9H8Wr022292; Fri, 28 Jul 2006 18:17:08 +0900 (JST)
Authentication-Results: **.iij4u.or.jp smtp.mail=erml_1_16@yahoo.co.jp; spf=none
Received: from localhost (14.169.244.43.ap.mitene.or.jp [43.244.169.14])
    by **.iij4u.or.jp (MI/mi14) id k6S9F7Sb016988
    for <***@**.iij4u.or.jp>; Fri, 28 Jul 2006 18:17:08 +0900 (JST)
Date: Fri, 28 Jul 2006 18:15:07 +0900 (JST)
Message-Id: <200607280917.k6S9F7Sb016988@mi14.iij4u.or.jp>
Received: (qmail 20501 invoked from network); 28 Jul 2006 09:13:32 -0000
Received: from unknown (HELO 192.168.0.1) (192.168.0.70)
  by localhost with SMTP; 28 Jul 2006 09:13:32 -0000
Subject: 主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。
From: 久光 <original_day_sunday@yahoo.co.jp>
To: ***@**.iij4u.or.jp
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP
Content-Transfer-Encoding: 7bit
X-Mailer: Becky! ver. 2.22.02

いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。

収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
私の性欲を満たして欲しいのです。


お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。

 

  • entry828ツイート
  • Google+