光クラブ事件

水曜日にTVで「光クラブ事件」のドキュメンタリードラマがやっていました。

戦後間もない激動の日本で、現役東大生が闇金をはじめた。出資者には10~13%の利子が払われ、借り手には21~30%(一般的に言われるトイチ) の利子が発生する。

結局は、警察や国、債権者を敵に回し、服毒自殺する。

最後の日記にこうある。

私の合理主義からは、契約は完全履行を強制されていると解すべきだ。・・・・・・契約は人間と人間との間を拘束するもので、死人という物体には適用されぬ。私は事情変更の原則を適用するために死ぬ。私は物体にかえることによって理論的統一をまっとうする。 

 

ということで、アマゾンで

・真説 光クラブ事件 ―東大生はなぜヤミ金融屋になったのか―

・猟奇の社怪史

を買っちゃいました(笑

 

  • entry817ツイート
  • Google+

PageTop