[時事] 安倍首相 「日本人は働きすぎ。少子化対策にもホワイトカラー・エグゼンプションは必要」

安倍首相は5日、一定条件下で会社員の残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを持っている方も多いのではないか」と述べ、労働時間短縮につながるとの見方を示した。

 (2007/1/5 asahi.comより引用)http://www.asahi.com/politics/update/0105/007.html

 

首相推薦のホワイトカラー・エグゼンプションですが、なんか狂った事言ってます。「残業代が無くなれば労働時間も短くなりさっさと帰る」ように読み取れます。

現行の働かなければならない時間が決まっているとどうしても都合の悪い(労働時間が延びてしまう)職種もあるのは事実です。しかし、大半は毎日仕事に追われながら過ごしている。

現状適用対象者が年収レベルでしか決められていないホワイトカラー・エグゼンプションが導入されると必然的に過労死者が出る事が容易に想像できます。なぜなら、金(残業代)、または、地位(定職)を得るため残業をしているからです。

また、法律の労働時間の枠が外された時、労働時間の調整は労働者の責任となり、過労死そのものも自己責任となる可能性がある。

 

経営者的考えでは、仕事は多くこなさせ、賃金は低くしたい。労働者的考えでは、逆になる。しかし、会社の方が権限では強いので、金は出なくとも働けと言われたら、働かなくてはならない状態となる。また、成果主義といっても(制度導入後も)成果を残した人間の給料が上がる保証はない。

 

現在制度適用範囲外という人でも安心は出来ない。 「新しい法律制定」や「社会的問題になってからの法改正」は時事問題としてニュースに取り上げられるが、そうでないものはいつの間にか法改正されているおそれがあるので他人事ではない。

 

  • entry872ツイート
  • Google+

PageTop