[時事] 「歌う電車」消えゆく運命

----

「歌う電車」。動き出す時の音が音階のように聞こえるため、そう呼ばれて親しまれている車両が京急電鉄にある。モーターのノイズを、「消せないなら、いっそ音階に」という遊び心から生まれたが、新車両の導入に伴い、今後5~10年で姿を消すことになりそうだ。当初は「耳障りだ」という声もあったというが、新旧交代で耳にする機会が少なくなるにつれ、名残惜しい「調べ」に感じるかもしれない。

引用元:asahi.com

----

う~む、残念ですね。音階と爆走ぶりを買っていたのですが・・・(笑

 

  • entry987ツイート
  • Google+

PageTop