[Linux]-[sendmail/Postfix] 送信元IP(自IPの固定)

conohaを利用していますが、固定IPがデフォルトでIPv4は1つで、IPv6は17あります。

最近あらためてメールヘッダを見ていたら、SPFでfail判定になっていました。メールサーバ同士はIPv6で通信しており、結果としてはDNSに設定しているTXT/SPFレコードのIPv6アドレスと実際の送信元IPv6アドレスが違っているではないですか・・・。

 

DNSのTXT/SPFレコードにIPv6を複数書くのもありですが、見にくくなるので送信・待ち受けのIPv4/v6アドレスを共に固定します。

 

# vi sendmail.mc

-----

DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp, Name=MTA')dnl

-----

            ↓ 変更

-----

DAEMON_OPTIONS(`Name=IPv4, Port=smtp, Family=inet, Addr=x.x.x.x')dnl

DAEMON_OPTIONS(`Name=IPv4, Port=smtp, Family=inet, Addr=127.0.0.1')dnl

DAEMON_OPTIONS(`Name=IPv6, Port=smtp, Family=inet6, Addr=x:x:x:x:x:x:x:x')dnl

DAEMON_OPTIONS(`Name=IPv6, Port=smtp, Family=inet6, Addr=::1')dnl

CLIENT_OPTIONS(`Family=inet, Addr=x.x.x.x')dnl

CLIENT_OPTIONS(`Family=inet6, Addr=x:x:x:x:x:x:x:x')dnl

-----

#

# m4 sendmail.mc > sendmail.cf

# service sendmail restart

 

# vi main.cf

-----

inet_interfaces = all

-----

            ↓ 変更

-----

inet_interfaces = x.x.x.x, [x:x:x:x:x:x:x:x]

smtp_bind_address = x.x.x.x

smtp_bind_address6 = x:x:x:x:x:x:x:x

-----

#

# service postfix restart

 

  • entry1089ツイート
  • Google+

PageTop