[池袋] ララメイド 1日目

# タイトル通りの表記かは忘れました。

とりあえずPSXにいた某Sさんと待ち合わせた池袋に到着。 とりあえず西口で待っていると電話があり、北口の方がよいらしいのでそちらに移動。 「あそこあそこ」ぐらいの感じで北口から見える無料案内所に移動。徒歩1分かからないくらいの場所でした。

 

もうこれが、どこからどう見ても無料案内所なわけですよ。Sさんは写真撮り始めるし。他から見たら無料案内所の写真を撮っている人ですよ(笑 ) 「オタども入れるモノなら入ってみろ」ぐらいの店構えで、ラムタラのメイド喫茶(もう無くなりましたが・・・)のエレベータ、通称「何処のフロアで降りたかで性癖がわかるエロベータ(メイド喫茶の客とは乗りにくい)」を超えるモノを感じました。

 

男客も多少入りづらい所ですが、女性客は絶対来ない所でしょう。入ろうモノなら風俗嬢と思われること必至です(笑) (まぁ、通常風俗嬢は出入りしませんが・・・) といった中で入店。 無料案内所を抜け、秋葉のジャンク屋を思わせる急な階段を下り地下へ・・・。 そこは、、、、、、微妙に風俗の待合室を思わせる小奇麗なお店。

 

メイド服はかわいいのですが悪く言えば、ドンキのメイド服なのです。その薄めなのが重要なポイントです。試験に出ますから覚えてくださいぐらいな感じですよ。 床の一部が網になっており、そこにはファンが埋め込まれ風が出ていて、女の子が通るたびに「いや~ん、まいっちんぐ」な感じの仕組みになっています。

 

パンチラと言うよりモロパンですが、これで最初の30分500円は安いです。もう視線は下半身しか行きません。 なんていうか、ここはランパブですかと問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。 違うのは酒が無い事とブラが見れない事ぐらいです。 無論こんな怪しい店でも常連は居るものです(笑

 

「まるでゲーセンのようにお金を置いて居座る客」やら「真顔で腕組みして前をめくれ、後ろをまくれと指示する客」やらどういうお店ですかここは(笑)と聞いてるうちに時間なので、無論延長しました。

 

いいのです。私はエロですから(笑) 延長は30分1000円ですが、ハナクソみたいなものです。 「延長で~す」とその1000円を胸だか服だかに挟もうと試行錯誤している所に、Sさんは「そういうのは折りたたんで挟むんだよ」とか某所ショータイム的な発言を(笑) Sさんは裸足の女の子に「そこの網の上歩いたら焼けちゃうよ」とかいったら大変!! 店内は焼肉ムードになりました。俺も焼肉食いたいです。

 

「女の子3人まとめてゴチするから焼肉行こうぜ」といえば100%誘えそうな雰囲気。さすが池袋クオリティー最強(笑) その他のトークは、痴漢最高、、、いや、痴漢の多い埼京線の逸話。 集団で囲って痴漢(レイプに近いような)やら、離れたところ(まさかそんな所から)から胸を鷲づかみやら・・・。

 

全体的に、秋葉ではまず無さそうなトークばかりでした。Sさんと私が行くと何処でも話しますがどんな組み合わせでも不自然な状態になりますが、女の子が行けばきっとお店の子も喜んでくれますので、その時はスカートで行ってください。客も喜びます(笑)といった感じでした。 レポートを書く為にググってみたのですが、「メイドカフェでGO!」の掲示板の数個の書き込みしか引っかかりませんでした。

 

PageTop